眼鏡市場の気になる最新情報まとめ!


コンタクトレンズやレーシック手術などが話題になることで日陰になりつつあった眼鏡業界ですが、それでも完全に埋もれることはなく根強い人気を誇っているのが眼鏡です。今回はそんな眼鏡業界を引っ張ってきた会社の一つである眼鏡市場の店舗展開状況やクーポン、そして評判と言った情報をまとめて参ります。

眼鏡市場の店舗数は?

眼鏡市場は株式会社メガネトップのグループ会社の一つです。同じグループ会社にはALOOK(アルク)・FIT ME(フィットミー)・コンタクトマン・レンズダイレクトRといった有名どころが並んでおります。眼鏡市場の店舗数は公式ホームページの会社概要を見ると2018年3月時点では954店舗という数字がでてくるのですが、そのうちどれだけの割合が眼鏡市場なのかわからないので、正式な数ははっきり言って不明です。他のサイトで「眼鏡市場のチラシ・店舗情報 | トクバイ」のように眼鏡市場のチラシからお店の数を確認しようとしたところ、951店舗もひっかかったので2018年3月の頃よりもお店の数が増えていない状態ならばほとんどが眼鏡市場ということになります。

眼鏡市場でのレンズ交換について

眼鏡のトラブルも色々とありますが、その中でも深刻なのが眼鏡のレンズが傷ついてまともに見えなくなってしまったとか、視力が低下して今のレンズでは見えなくなってしまったというパターンでしょう。目の疲れによって一時的に視力が低下しているケースもありますので、目を休めれば元に戻るケースもありますが、レンズの不具合は目の疲れの原因となって目を余計に酷使して視力低下につなげてしまう確率が高いので、見えにくいと感じたら直ぐにケアが必要になります。眼鏡市場では他店で購入した新品のフレームのレンズ交換対応も行っていますので、安心して持ち込むことができるのです。状態次第ではありますが、レンズの在庫がある場合は比較的作業時間が少なくてすむケースがあり早い場合は30分以内のレンズ交換が終わるとすら言われております。

眼鏡市場のクーポンはかなりお得

こちらの公式サイトに「おトクなクーポン|コンタクトレンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)」というページがありますが、ここにあるクーポンを見ると驚くでしょう。なんと言ってもかなり安くなるクーポンが多く、使い捨てコンタクトレンズでも1500円も安くなるケースがあります。それ以外にもドコモが運営する「dエンジョイパス」といった会員制優待サービスを利用している方だと眼鏡市場のクーポンや優待が高頻度でくるようになります。たとえクーポンがなかったとしても優待として「コンタクトレンズ、メガネ、サングラス店頭価格から5%割引」という大きな要素がつきますので非常におすすめできるでしょう。眼鏡は額が大きいので簡単に万単位に突入するので、そこから5%も割引されればかなりの額となるでしょう。

眼鏡市場のフレームが見たいという方へ

眼鏡市場でどのようなフレームがあるのかを確認したいとい人は、こちらの公式ホームページ「眼鏡市場(メガネ・めがね)」にアクセスして真ん中にあるフレームランキングを見てみましょう。それだけで今人気がある眼鏡が何であるのか簡単にわかるようになっています。女性向けや男性向け、子供向けといったカテゴリー別に見ることも可能なので、使い勝手はかなり良いです。

眼鏡市場の評判はどう?

眼鏡業界そのものがコンタクトレンズやレーシック手術の登場でかなり落ち込んでいましたが、今では平成25年以降は多少業界そのものが上向き傾向になってきているので暗い雰囲気はなくなりつつあります。その中でも業界を引っ張ってきたのは、「JINS」を展開するジェイアイエヌで超低価格な眼鏡が一気に普及しました。その中でこの眼鏡市場は多少苦戦する位置にありましたので、ここからどのように上向きになるのかを期待する声が多数あります。自社工場を持っていることから独自の商品開発も可能となっている状況も後押しされているのです。