ロッテリアの最新情報を知りたい方へ


ハンバーガーは日本でもいろんな形で受け入れられるようになりましたが、その中でも先駆けとなったのがファーストフードチェーン店の躍進でした。その躍進の一つとなったのがロッテリアです。今回はこのロッテリアのメニューを見るにはどこが良いのか、店舗拡大は今どうなっているのかといった情報を中心にまとめて参ります。

ロッテリアのメニューはどこで見るの?

ロッテリアのメニューを見たい方は基本的に公式ホームページの「メニュー|ロッテリア」を見るのが正解となります。ロッテリア好きは日本の中にも非常に多いので、ロッテリアのメニューを紹介しているサイトもいくつか存在していますが、公式サイトが更新頻度も速度も圧倒的に速いのでメニューをいち早く確認したい人は公式サイトを頼ってください。いちいち公式サイトを開くのも面倒という方は、ロッテリアから出ている公式アプリをダウンロードしてそこからメニューやクーポン情報を見ると良いでしょう。

ロッテリアの店舗数はどうなっているのか

ロッテリアの店舗数は店舗検索で条件なしで探してみると344件ほどヒットしたので、日本国内では344件なのでしょう。日本のハンバーガー店業界の勢力図は1位がマクドナルド、2位がモスバーガー、3位がロッテリアとなっているのでお店の数が少ないと思われがちですがそもそもこの業界そのものがかなりの規模となっているので3位でも日本のあちこちにあります。しかし、会社の沿革を見てみると1997年には世界で1000号店に到達とか2001年には韓国で700号店到達という報告もあるので、世界規模ではものすごい数のお店があるといえるでしょう。2007年9月だと469店あったのが2009年2月には524店とここまでは急激に増加していたのですが、そこからは下降線を辿っており2019年では344店とかなりの減少が確認できます。このような下降線はまだまだ抑え切れていないので、お店の数は日本で増えることは考えにくいでしょう。

ロッテリアのメニュー一覧からわかること

ロッテリアは日本国内で店舗数を見るとわかるように2009年以降は不調に見えるかもしれませんが、そんなことはなく実は業績そのものは回復傾向にあります。それはメニュー一覧を見てもわかることなのですが、顧客の意見を参考にした商品がかなり増えていてとにかく顧客のお願いをかなえることに尽力するようになったということでしょう。過去に人気があったものはリニューアルして頻繁に復活するようになりました。

ロッテリアのモーニングもかなり充実

ロッテリアのメニュー表を見るとモーニングメニューがしっかりと別途用意されており、そちらを見ると何が食べられるのかわかるようになっています。特に目立つのが過去に人気があったリニューアルのベーコンレタスバーガーや卵焼きバーガーでしょう。ただし、ロッテリアのメニューはかなり回転効率が良いので気がついたら一新される可能性もあります。1年前のメニューを見てみると残っている物の方が少ないことすらあるのです。なので、久しぶりにロッテリアに赴くという人は必ずメニューを確認してから向かうようにしてください。

ロッテリアのメニューにあるものはほとんどクーポンが使える

ロッテリアの公式サイトに「クーポン|ロッテリア」というページがあり、そこでクーポンの対象になっている商品を確認できますがほとんどの主力メニューが該当しているのでたまに訪れるという方は必ずこのクーポンを活用しましょう。複数メニューを頼む方はそれだけで300円程度お値段が安くなります。ロッテリアのクーポンには誰でも使えるクーポンと会員限定クーポンが存在しているので頻繁に通うという方は会員限定クーポンをゲットできるようにするのが理想でしょう。