ATMの利用について

ATMの設置場所

預金や貯蓄、給料振り込み先などの口座のお金など、誰しもが銀行やゆうちょなどの口座を所持、使用していると思います。実際にインターネットを通じた仕事などでは、インターネットバンキングなどの口座も利用できることもありますが、現在では一般的な会社の給料の振り込み先は、取り引きのある銀行や地元の銀行などを指定される方が多いでしょう。なかなか全てが電子マネーなどで済むわけではないので、ある一定の現金は必要です。しかし、ゆうちょ銀行や地方銀行、その他大手のみずほ銀行やUFJ銀行などでも、窓口業務の時間には限りがあります。多くの銀行は、一般的な会社員がまだ仕事をしている時間帯で閉まってしまいます。窓口でないと行ってもらえない両替など以外は、ATMを利用する方がほとんどでしょう。ATMであれば、仕事や学校が終わってからでも利用することができますし、振り込みや引き出しも問題なく行うことができます。しかし最近では、電子マネーの普及で、ATMは少しずつ減ってきています。ATMは時間を気にせず、いつでも使用できるのが魅力ですが、利用者が減ってしまうことで、台数の減少や手数料の値上がりなどが起こっています。

 

ATMの利用時間と手数料

ATMは仕事などで遅くなっても、気にせずいつでも利用できるというのが魅力です。しかし実は、利用するATMの場所と、利用している銀行の種類によって手数料が変わってきたり、利用時間を制限されることがあります。ATMを利用する場合は、ATMに書いてある注意事項をよく見ることが大切です。基本的に利用する口座の銀行のATMを利用することで、手数料はかかりませんが銀行の閉店時間を過ぎてしまうと、銀行のATMの利用はできません。一方でいつでも空いている場所にあるATMを利用することもあるでしょう。コンビニやスーパーなどでもATMの利用は可能です。しかし、コンビニなどは利用する時間、引き出したい口座などで手数料は大きく変わります。地方銀行の口座であれば、他県などでは使えなかったり、利用時間が短かったりと言うことは良くありますし、当然常に手数料がかかります。コンビニのATMでは、そのコンビニ銀行の口座以外は、ほとんど手数料がかかりますし、コンビニ銀行の口座でも時間外は手数料がかかります。手数料は利用するATMの注意事項に必ず書いてあるので、しっかり確認してから利用してください。

 

ATMの豆知識

ATMには振込、引き出し、預け入れなどで限度額があります。一度に高額な振込や引き出し、預け入れなどができないようになっています。最近良くある詐欺などの対策のひとつでもあるようです。振込限度額、引き出し限度額、預け入れ限度額は、大手の銀行、地方銀行、ゆうちょ、コンビニ銀行などでさまざまです。一度の限度額もあれば、1日合算した利用限度額も設定されています。もしも高額な取り引きなどの場所には、ご利用の銀行のホームページで、限度額を確認してみましょう。最近では、電子マネーで買い物することも簡単で、インターネットショッピングの利用も多くなっています。ランチやディナーなど飲食店でも、電子マネーが使用できる場所が増え、現金を使う機会が減っています。ATMではどんどん手数料を取られるようになってきましたし、余計に現金離れが進むかもしれませんね。しかし、現金しか使えない場所もたしかにありますし、災害などでは電子マネーは利用できません。現金は必ず必要なので、損をしないATMの使い方を覚えておくのも悪くないと思います。時間や場所によって、使うATMを決めておくと良いかもしれません。なるべく手数料の使わないように、現金を使うと損をする、なんてことが少ないようにしましょう。