伊勢丹に行こう!

さまざまな百貨店

最近ではショッピングと言えばインターネットショッピングで済ませてしまう、外で買い物をする機会が減った、という方も多いでしょう。確かに食品や日用品などに限らず、洋服やアクセサリーなど多くのものは、インターネットショッピングで買うことができます。最近では、実際に店舗までは行ってウィンドウショッピングはするものの、買わずに帰ってきてインターネットで注文する、という方も多くなっています。インターネットショッピングを利用すれば、利用したい店舗が近くにない方、大きいお買い物なども家まで運んでもらえますし、便利ですよね。しかし、少しお高いお買い物などはどうでしょう?実際に店舗で品質を確かめたり、念入りに確認して、これだと思ったものを直接買いたいと思いますよね。そのようなお客様が多い店舗といえば、百貨店が思い当たります。百貨店に売っているような、一点一点違うような焼き物や宝石類などは、現物を確認して買う必要がありますし、どれでも良いと言ったお客様も少ないでしょう。こだわりのお客様が多く、こだわりの物が多いのが、百貨店の特徴でもあります。

 

伊勢丹とは?

百貨店と言ってもさまざまな百貨店がありますが、その中でもいちばんメジャーであり、高級感のあるイメージの「伊勢丹」に注目してみます。伊勢丹と言えば、センスの良いチェックの紙袋や、洗練されたデザインのラッピングペーパーも印象深いと思います。伊勢丹は、三越伊勢丹ホールディングスの傘下である、株式会社三越伊勢丹が運営する百貨店です。2011年までは株式会社伊勢丹が運営していましたが、三越を吸収合併したことで株式会社三越伊勢丹が運営を行っています。伊勢丹は1886年に創業した呉服百貨店が発祥です。伊勢丹は関東地方中心に展開し、中国やアジアにも展開しています。実は伊勢丹は、全国にはあまり数多い店舗展開ではありません。みなさんのお住まいの近くにはない、という方もたくさんいると思います。伊勢丹では、新宿店(新宿本店)だけで売り上げの6割を占めるほどで、客層や展開する店舗の違いなどもあると思いますが、やはり新宿の土地柄と客層を考えると、新宿店がいちばんなのもわかります。地方の伊勢丹では入っていないようなハイブランドも、新宿店には入っているということも多いです。伊勢丹は紳士服も充実しているのも特徴ですが、若い世代から中高年層まで幅広くカバーした品揃えも人気のひとつです。

 

伊勢丹と言えば?

伊勢丹と言えば、ラッピングやロゴマークです。伊勢丹タータンとも言われるチェーン柄と、古くからの◯伊のマークが印象的ですが、現在のロゴの【ISETAN】もすっかり馴染んでいます。伊勢丹は、閉店時間が早い店舗や定休日があるのも特徴です。伊勢丹のホームページを利用すると、店舗の定休日やセールなどを確認することができます。そして、最も伊勢丹と言えばおすすめなのが催事です。催事の人気は年々高まるばかりで、北海道展や沖縄展、全国うまいもの市など日本全国から集まった美味しいお店や、そこでしか買うことができないおみやげなどもたくさん取り扱っています。催事は一週間程度で終わってしまうため、かなり混み合います。催事情報も日付など、しっかりホームページで事前確認はもちろん、どんな店が来るのかチェックしておきましょう。伊勢丹では、近くに伊勢丹がない方も伊勢丹ブランドの商品を買うことができるように、オンラインストアもあります。手に取らないと買うことができないような商品はないのですが、ギフトなどでも便利な信頼できる商品がたくさんあります。ギフトラッピングもしてもらえるので、洗練された印象のギフトを選ぶことができます。