お得に使えるPontaカード

Pontaカードとは?

現在では、さまざまな店舗でお得に貯めることができるポイントがたくさんあります。ポイントカードを持っていな、ポイントを貯めていないという方は少ないと思います。ポイントは、クレジットカードにもついていますし、知らないうちに貯まっていくようなポイントもあるでしょうし、今現在では意識しなくてもポイントが、いつの間にか貯まっていたりしますよね。多くのポイントサービスがあり、どんなポイントをためたら良いか迷ってしまいますが、多くのポイントサービスの中で「Pontaカード(ポンタカード)」に注目してみましょう。Pontaカードは、主にローソン、昭和シェル石油、ゲオなどで使用する事ができるポイントカードです。Pontaカードの最大の特徴は、最大で9毎日までをグループ登録することが可能で、グループ内でPontaポイントをまとめる事ができるところです。家族みんなで貯めたポイントを、多くのポイントが必要なものに、ポイントをまとめて交換することができます。Pontaカードは、他にもケンタッキーフライドチキン、AOKI、ピザハットや、アパマンショップ、サカイ引越センターなど、さまざまなシーンでPontaポイントを貯めることができます。

 

Pontaカード会員登録

ポイントカードを選ぶ際には、やはり多くのポイントが貯まる事が想定できるポイントカードが良いでしょう。まずは自分の利用するお店や生活圏の中で、どのようなポイントサービスがあるのかをチェックしましょう。やはりよく行くコンビニやドラッグストア、スーパーなどは貯めやすいお店と言えます。Pontaカードは、ローソンで使用する事ができるので貯めやすいですし、車を利用する人は、昭和シェル石油でPontaポイントが貯まるので、Pontaカードはおすすめです。Pontaカードの会員登録は、もちろんPontaポイントが貯まるお店でのカード発行で行う事もできます。インターネットでは「Ponta web」を利用すると便利です。リクルートIDでログインすることもでき、じゃらん、ホットペッパーなどでの予約でポイントを貯めることができます。Ponta webにログインすることで、現在のPontaカードのポイント確認も行うことができます。Pontaカードでは、Pontaカードアプリを利用することで、カードを持っていなくても、スマートフォンがカード代わりになるので、Pontaカードをよく利用する方は、Pontaカードアプリの利用がおすすめです。

 

Pontaポイント交換

Pontaカードのポイントがたくさん貯まってくると、Pontaポイントのをどうするか、何に交換できるのか気になるところです。Pontaカードのポイントの交換は、Ponta webで確認できます。Pontaカードのポイントの交換としては【商品と交換する】選択もできます。商品は日用品やグルメ、家電などさまざまな物と交換することができますが、Ponta webでは交換ランキングなども見ることができます。他にもPontaカードのポイント交換方法としては【ポイントをポイントに交換する】方法もあります。貯まったPontaポイントを、他のポイントに交換する事ができます。この方法は、同じ1ポイントと扱うことが多いため、ポイントがムダになることもなく、そのときに使いたいポイントに交換できます。Pontaポイントは、JALマイレージ、LINEポイント、dポイントなどの他、ポイントタウンやpexなどのポイントサイトのポイントとも交換できます。キャンペーンなどで交換レートがお得な時期に交換すると、さらにお得なのでおすすめです。